決算書会計から戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

決算書は結果、戦略MQ会計・マトリックス会計で戦略的な経営を

1より大きく

time 2016/01/20

1より大きく

少し前にこれ↑が話題になっていました。

前の日より1%積み上げれば、1年で37倍。
前の日より1%サボれば、1年で△0.97倍。

こんな言い回しだったような気がしました。

昨日より1%プラスできれば、365日、つまり1.01の365のべき乗値を計算すると、37.78・・となります。
一方でその逆は、0.025・・、雲泥の差になるわけです。

つまり、ちょっとでもいいから、昨日より少し努力しましょう。
という感じで、モチベーションUP、前向きで・・という取り上げ方だったと思います。

時間

ここしばらく「時間」について考えています。

万人に同じように与えられているけれど、
万人それぞれ長さ(感じ方)が違う。
万人それぞれ、使い方も違います。

ある会社で、従業員の働き方についてご相談を受けました。

納期のずれ込みが、まま生じてしまう。
だけど給料はほぼ毎月変わらないので、納期の意識がなかなか改善されない
というものでした。

この会社は、MQ会計を導入し始めています。
P、V、Q、そしてFも、おおよそ見えました。
でも、今のままではMQアップがむずかしい。

MQ会計の5要素に「時間」という要素はありません。
ですが、MQ会計には時間の概念もきちっと入っています。

時間の概念を意識することで、MQアップのひとつの方向性が見えてきます。

「時間」についての本を読んだりして、少しずつ深めていますが、時間の概念ってむずかしく、なかなか「これだ」というものは見えてきません。

この辺も踏まえて、次回お客様にお会いした時に、いっしょに考えてみようと思っています。

おいしいもの倶楽部

決算書なんて経営の役に立たない

考え方・ヒント