決算書会計から戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

決算書は結果、戦略MQ会計・マトリックス会計で戦略的な経営を

計算する、そのもとは・・

time 2017/02/08

計算する、そのもとは・・

「税金払いたくありません」
「帳簿つけるのめんどくさいです」
「儲けたいです」
「この経費もOKだ、って知り合いから聞きました」

この時期、こういうお話、多いです。

商売の基本は「売った」「買った」です。
これがなければ話になりません。

次に「いくら儲かったか?」
トータルで儲けなければ、それは商売ではなく、ボランティアです。

では儲かったかどうかはどうすればわかるのか?
計算しなければわかりません。

日次、月次、年次、いずれにせよ記録していなければ計算ができません。
だから帳簿は必要なんです。
「手元にお金があるから儲かってる」わけではありません。

「いや、でも、帳簿付けはめんどくさいし・・」
「借方、貸方、簿記はわからないし・・」
「税理士さんにお金払ってやってもらえば・・」

「そんなに利益(赤字)があるはずはない」
「そこをなんとかするのが税理士だろう」

いやいや、違います。

帳簿を付けないで、儲かってるかどうかなんて、わかりません。
会計、経理は経営のスキルのひとつです。

それ無しで商い(儲けること)は無理だと思いますよ。



おいしいもの倶楽部

決算書なんて経営の役に立たない

考え方・ヒント