決算書会計から戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

決算書は結果、戦略MQ会計・マトリックス会計で戦略的な経営を

ハードル

time 2017/01/19

ハードル

私は将棋が好きです。
ヘボ将棋ですけど。

昨日、将棋連盟の谷川会長が引責辞任をしました。
理由は三浦九段のスマホ使用疑惑です。
その事実はなかったとのことですから、連盟側に非があるようです。

勝負の世界ですから、勝ち負けにこだわるのは当然です。
しかし、その勝ち負けが実力とは違う形でもたらされると、その競技は魅力を失っていきます。

より強くなりたい、より良い成績で勝ちたい。
どんどんハードルが上がり、それを越える。
でも、そのために歪んでいくとしたら、それは残念なことですね。

米長邦雄・永世棋聖が以前、羽生善治氏と対談していた本がありました。
その中でこんな風におっしゃっていました。

「ものごとを真剣にやっていると、どんどんハードルが上がっていく。
 すると、そのハードルを越えることがだんだん困難になってくる。
 いくら一生懸命やっても、そのハードルが越えられない。

 でもね、そうしたらハードルはくぐればいいんですよ。
 そういう柔軟さも時には必要なんです。」

名言です。

おいしいもの倶楽部

決算書なんて経営の役に立たない

考え方・ヒント