決算書会計から戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

決算書は結果、戦略MQ会計・マトリックス会計で戦略的な経営を

事業で使う(必要経費について)

time 2017/03/02

事業で使う(必要経費について)

この時期、
「これは個人事業の経費になりますか?」
「知り合いからこれを経費にしてもOKだよと聞いたんですが・・」
こんなお話が多くなります。

個人「事業」の経費ですから、事業に関連して、事業のために使うことが大前提です。
(これについては、個人事業主の経費とはで書きました)

今回は「事業で使う」ということについて書きたいと思います。

わかりやすくするために、会社を例に取ります。

例えば、経理業務のために会社でパソコンを買ったとします。
会社の備品ですから、置き場所は会社になります。

会社によっては備品台帳に記入され、パソコンの裏側に「経理部備品No.001」なんてシールが貼られたりします。
一般的には社内で使い、持ち出しされません。
そして経理業務に使われるわけです。

会社の備品、って感じですよね。
これが「事業で使う、事業用」という感覚です。
個人事業でも同じなのです。


最近よくあるのが、
「仕事のために使うスーツや靴、カバンはOKですよね?」
というご質問。

もちろん、仕事のため「だけ」に使うのであれば、OKです。

いわゆるTVなどで使う「ステージ衣裳」は経費になります。
この衣裳は備品として管理されて、一般的に仕事以外では外に持ち出しません。
個人事業でも、事業用のスーツや靴、カバンなら、備品として管理する必要があるんです。

「知り合いが今まで普段着を仕事着として経費で処理しても、何も問題なかったって聞きましたが・・」

いや、それは問題がなかったのではありません。

税務署の職員もすべての個人事業者を朝から晩まで、一から十まで監視しているわけではありません。
例えていうなら、「制限速度50kmの一般道を53kmで走行していたけど、たまたま今まで捕まっていなかった」ということに過ぎないのです。
問題がなかったのではありません。

「そんな固いこと言わなくても・・」

それは分からなくもないです。
が、「では56kmは?」「59kmは?」、「60kmぐらいまでは大丈夫だよ・・」となって、なんの根拠もなく都市伝説化していくわけです。

税務は税法という法律に則っています。
ですから突き詰めていけば、法律に合致しているか否か、しかないのです。


こちらもいかがですか?

映画を見た料金は経費になるか? 「シン・ゴジラ」「後妻業の女」

★ 社長のための簿記・会計

MG(MQ戦略ゲーム)

おいしいもの倶楽部

会計・経理のお話

決算書なんて経営の役に立たない

考え方・ヒント

■ 登録商標について

・「MQ会計」「MQ戦略ゲーム」「企業方程式」は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、 株式会社 西研究所 の登録商標です。
      
・P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は西順一郎先生の著作物です。