戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

税理士 谷口敏文のblogー決算書は経営の役に立ちません

3つの基本構造(プログラミングに学ぶ)

time 2018/12/29

チェスはできませんが、将棋は好きです。

将棋や囲碁はとても奥深いですが

将棋の羽生さん、無冠になってしまいました。
元○○、ではなく現在の段位、九段を名乗るそうです。
最近はよくわからないような肩書きも多いですが、潔いですね。

将棋や囲碁でAIが、人間に勝つようになりました。
プロの場合、100手くらい先を読んでいるといいます。
AIもそれに対抗して、攻めてきます。

例えば将棋、ものすごく乱暴に言ってしまえば、順番と選択の繰り返しです。
1、先手→後手→先手・・
2、どの駒を動かすか決める
3、どこに駒を動かすか決める
これの繰り返しです。

プログラムの基本構造は3つ

プログラム、というととても難しいような気がします。
私も今まで何度となく、やっては挫折の繰り返しでした。

最近読んだプログラム関係の本に、プログラムの基本構造は3つとありました。
順次構造、選択構造、反復構造。
・順番に行う
・もし○○だったら、△△
・繰り返す
の3つです。

これで大半のプログラムが書けるそうです。

例えば「コンビニで大福を買ってくる」プログラムは、

・コンビニに行く
・大福を買う
・家に帰る

これは順次構造で書かれたものです。
では、大福がなかったら?

・大福を買う のところで選択肢を入れなければなりません。
他のものを買うのか?店を出るのか?

また、店を出たところでも選択肢が必要になります。
次のコンビニに行くのか?帰ってくるのか?

(もちろん、もっといろいろな決めごとや、前提条件などが必要ですが)

自分の仕事を分解して考える

同じような作業を効率化しようとプログラムを考えるとき、
・普段何気なくしていることを細かく分類する
・1つ1つ、定義を確認する
・手順を再度考える
必要があります。

そうすると、いかに無駄が多いか、余計なことをしているかが見えてきます。
作業や業務、思考の整理には、プログラムを考える、書くことが役立ちますね。

ーーー

MQ会計セミナー、開催のお知らせ

戦略MQ会計セミナーを行います。
詳細、お申込みはこちらからどうぞ

ブログ

書いてる人

谷口敏文
(税理士 ㈱TKS 代表取締役)

決算書作りに疑問を感じていたとき、戦略MQ会計に出会う。
経営の役に立たない決算書から、経営に役立つMQ会計を広めるべく日々活動中。

■ 登録商標について

・「MQ会計」「MQ戦略ゲーム」「企業方程式」は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、 株式会社 西研究所 の登録商標です。

・P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は西順一郎先生の著作物です。