Excel活用セミナー(基本編)

Excelは便利なソフトです。
そして、多くの方がExcelは「表計算ソフト」だと言います。

Excelは表を作って、算式を入れ、計算するためのソフトでしょうか?
太い線、中央揃えに網掛け、きれいな色の表が本当に必要でしょうか?

業務を効率化するためにExcelを使っているはずなのに、ちっとも効率よくならない・・・
シートやファイルが増えているだけのような気がする・・・
上司や商品区分が変わると、表を作り変えなきゃいけない・・・

Excelの本もたくさん読んだけど、知りたいことが書いていない。
Excel教室にも行ってみたけど、ファイルの保存の仕方はもう知ってるし・・

何かスッキリ腑に落ちない。

もっとExcelを効率よく使いたい。

そんな方のためのセミナーです。

関数は原則として使いません。
マクロといった高度な知識も必要ありません。
それでも、無駄な作業の8割は片付きます。
ファイルもシートも増えません。

Excelに付いているピボットテーブルという機能を学びます。
講義中心ではなく、実際にエクセルを使って「活用を体感する」時間を多くとります。
そのため、少人数制です。
※操作方法解説のセミナーでもありません。

きっと、Excelの使い方が180度変わります。

参加された方の感想

「今までどれだけムダな作業をしていたんだろう・・」
「Excelって、こう使えばいいのか!」
「データを持つって、こういうことなのか!」
「Excelを使う前に、じっくり考えるようになりました」

必ずお読み下さい

実際にエクセルを操作します。解説はWindows版のExcelにより行います。
・Excelのインストールされた、使い慣れたパソコンをお持ちください。
・Windows版のExcel(2010以降)をお勧めします。
・Mac版のExcelはピボット機能に一部制限があるため、本講座では対応しておりません。
・KINGSOFTなどMicrosoft社以外の製品には対応しておりません。