私なら、お金のことは税理士には任せない

「お金のことは税理士に任せている」
そんなふうに言う社長さんに、お会いすることがあります。

お金のことを任せるって?

「お金のことを任せている」というのはどういうことを言うのでしょう?

・お財布を預けている?
そんな方は、まずいないと思います。

・お金の運用を任せている?
 お金の最大の運用は、商売で利益を上げることです。
 これは社長が一番得意なはずです。

逆に、厳しいようですが、預金金利以上の利益を出していないのならば・・
お金の「運用」という観点では、商売をやらずに銀行に預けていたほうが、ラクに運用できます。

「お金のことを任せている」というのの多くは、たぶんこういうことでしょう。

お金の処理(経理処理)とそのチェック。
でもそれは、いわば後始末。単なる作業です。

そしてその結果から、何らかのアドバイスを求めているのかもしれません。
例えば財務内容の改善や、はたまた売上アップの方法とか?

私が税理士に頼むなら

私は会社を持っていますし、いちおう社長です。
でも、私が社長なら、そんなことは聞きません。

自分の商売のことは税理士が分かるわけはないし、分かる税理士なら自分で商売しています。
私が税理士に頼むなら、税金のことですね。

「うちの会社でこういうことをしたいんだけど、その場合の税務面の問題点などは?」
「今期、このくらいの利益が見込めるんだけど、節税のプランを提案して」

こういった部分でアドバイスを求めます。

お金のことは自分でやります。
できないときは「やってもらう」のではなく、「やり方」を聞きます。

作業とはいえ会計の知識があるプロに頼めば、高いはずですから。
もちろん、事務員を雇うより安いなら、会計事務所に頼みます。
その方が利益が出ますからね。

ーーー

MQ会計セミナー、開催のお知らせ

戦略MQ会計セミナーを行います。
詳細、お申込みはこちらからどうぞ

【編集後記】
今日は暑かったので、早めに切り上げて軽く飲みに。
神保町のはじめて入ったお店(居酒屋さん)でしたが、店員のお姉さんはとても接客上手。
銀座でも十分通用するぐらい、気遣い、客あしらいの上手な方でした。
また行ってみよ〜(笑)