決算書会計から戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

決算書は結果、戦略MQ会計・マトリックス会計で戦略的な経営を

引っ越しされた方は要注意(振替納税手続き)

time 2017/02/16

引っ越しされた方は要注意(振替納税手続き)

個人の確定申告について、税金を払う場合、振替納税という制度があります。

あらかじめ届出をしておけば、自分の口座から引き落としにより税金を支払うことができます。
これをしておくと、確定申告により払うべき税金は3/15ではなく、所定の日に引き落とされます。
(平成28年分、つまり29年3月15日期限の所得税の引き落としは、29年4月20日です)

「ああ、それね。やってるよ。」

ここで注意が必要です。

あなた、引っ越ししていませんか?
(正確には引っ越した結果、提出すべき税務署が変わった場合)

この振替納税手続き、提出すべき税務署が変わると無効になります。
提出すべき(新たな)税務署へ、改めて振替納税の手続きをしなければならないのです。

もしこの手続きを忘れていると、4/20になっても引き落としになりません。

「あれっ?」

と思ってもすでに1ヶ月ちょっと。延滞税がかかってしまいます。

国に対して払う税金なんですから、振替手続きも引き継いでもらいたいものですけどね。

引っ越された方、ご注意ください。
届出書(納付書送付依頼書)はこちらからどうぞ

・自分で記入するタイプ

・必要事項を入力して印刷するタイプ

<手続期限>
振替納税したい申告所得税等の納付の期限まで

おいしいもの倶楽部

決算書なんて経営の役に立たない

考え方・ヒント