溶け込む建築(ARCHITECT)

THE ARCHITECT’S PLACE 北欧発 建築家の幸せな住まい(NHK_PRのHPより)

個人的にはとても楽しめた番組でした。

昨日まで、毎週金曜日の夜、NHKのEテレで放送していた「THE ARCHITECT’S PLACE 北欧発 建築家の幸せな住まい」

スウェーデンで活躍されている、6人の建築家の自宅を訪ねるという全6回の番組。
あなたは仕事で他人の家を建てているけれど、ではあなたの家は?という企画です。

どなたの家も個性的で、それでいてご自身の理念が貫かれていて、どの家も住んでみたくなる家でした。

1軒だけ選んでいいと言われたら、ヨセフィーナ・ノルドマルクさんの家がいいかな。

共通して感じたのは、建築物はそれ単体で存在しているわけではなく、街並みであったり、自然であったりの中に溶け込んで存在している。
主張しすぎず、埋没しすぎずのバランスがとてもいい感じでした。

大きな窓で、中と外の隔たりを感じなくさせる設計も、とても惹かれました。
日本でも、こういう建築が取り入れられたらいいなと思います。

モノは少なく、ひとつひとつが吟味されていて、永く使おうという意識も良かったです。

またスウェーデンやフィンランドに行きたくなりました。


(2018.1 sweden)


(2015.7 finland)

ーーー