戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

戦略MQ会計で戦略的な経営を

入れにくい(ATMの硬貨入れ口)

time 2019/05/16

硬貨をもらわない工夫はしていますが、ATMの硬貨の入れ口は入れにくいです。

硬貨は煩わしいです

なので、できるだけ硬貨をもらわない工夫はしています。
Suicaやクレジットカードなどで払うことで、現金そのものを使わなくできます。

キャッシュレスは進んではいますが、でもまだ無くせません。
私も現金(紙幣と500円玉1枚のみ)は常に持ち歩いています。

現金を使うと、お釣りなどでもらった硬貨がでます。

小銭入れを持っていないので、硬貨はポケットにたまります。
その日の小銭は袋に入れてためておきます。
次の日の小銭は、また500円玉1枚のみでスタートです。

たまった硬貨は

たまった硬貨の使いみちは大きく3つ。

クリーニングの支払い時に使う

いつも出すクリーニング屋さんは、現金しか受け付けてくれません。
支払いは円単位まで出ます。
そして店先には「小銭が足りないので、なるべくお釣りのないように」の旨の張り紙が。

利害が一致します(笑)

ありったけの小銭で払っています。
クリーニング屋さんも「あっ、小銭おやじが来た」と。

まだしばらく良好な関係でいられそうです。

自販機で使う

事務所のそばには、食券制の食堂がいくつかあります。
1円玉や5円玉は無理ですが、それ以外の小銭は流し込みます。

たまに硬貨が券売機に、はじかれてしまうことがあります。
そうすると、小銭が更に増えることもあります。

スリリングなひととき(?)です。

■ サービスメニュー
■ 6/6 戦略MQ会計セミナー(基本編)
■ 6/21 Excel活用セミナー(基本編)
■ 7/4 戦略MQ会計セミナー(基本編)

ATMでの支払いに使う

最近の困ったちゃんがATM。
以前は袋からザーっと流し込めたのですが、入れ口が変わってきています。

貯金箱スタイルになり、入れるのがめんどうです。

ATM入れ替えの進みが遅いみずほ銀行は、まだ大きく開くATMがあり、狙い目です。
そのうちみんな貯金箱スタイルになってしまうのでしょうから、この手は使わなくなると思いますが。

硬貨が廃止されない限り、小銭と縁を切ることは難しそうです。
小銭とは上手にお付き合いするしかないようです。

過去の記事
・1267down

ーーー

【編集後記】

米中の貿易戦争で、景気の先行きが不透明な感じも出てきました。
すでに消費税増税を見越した予算が執行されていますから、政府としては予定通りなのでしょう。
選挙のためではなく、適切な判断をしてもらいたいと思います。

また、消費税増税をするとしても「軽減税率導入は百害あって一利なし」なので、やめてください。

おいしいもの倶楽部