一度バラバラにして、ゼロから組み立てる

子どもの頃、これでよく遊んでました。

作っては壊し

一度は遊んだことがあるんじゃないでしょうか?
ブロック型のおもちゃ。

作っては壊し、作っては壊し。
同じものを作り直しているようでも、同じものはなかなかできなかったりします。

家を作ろうとしてブロックを組み上げていきます。
作っている途中で、窓の数が増えたり形が変わったり、階段の場所が変わったり。
いつの間にか屋根がない家になったり、どんどん変わっていきます。

でも作っているのは、どれも「家」なわけです。
最終的な完成(目的)物は決まっているわけです。

所与の条件で作っていく

「所与の条件」なんていうと大げさですが、ブロックに限らず、要は与えられた状況、今ある資源で「家」を作らなければいけないわけです。

オトナの世界であれば、
1.家を建てることを決める
2.設計する
3.資材を集める
4.建築する
なんて流れで、予定(図面)どおりの家ができるわけです。
構造に問題があれば設計し直し、資材が足りなければ調達し。

コドモの世界はちょっと違います。
おそらくはオトナと同じ順番で進んでいきますが、特に理由もなくというか、ヒラメキでどんどん変わっていきます。

家じゃないものができることも、少なくありません。
部品がないなら無いなりに、工夫をします。
部品が足らないなら、いらないものは作らないとか。

そもそも家すらいらない?

ゼロから、柔軟に

また東京とその近接県で緊急事態宣言がでました。
私の場合は、今までと変わりません。

ひとりでやっていることもあって、余計なことはできるだけしない、簡略化できるものはどんどんしていく方向でしたから。
昨年コロナ禍となって、もう一度ゼロリセットしました。

改めて一旦全部やめてみて、
・ほんとうに必要なことはなにか、
・いらないものはやらない、捨てる としたからです。

前とは変えてしまったことも、ずいぶんあります。
不便な部分も、逆に便利になった部分もあります。

ブロックの家に例えれば、屋根のない、間取りの変わった家のようになっています。
でも「それ」は、私にとっての「家」には変わりないので、そこに来る人・去る人がいてもそれまでです。

・オフィスに行かないと仕事ができない
・人をひととこに集めないと、発表ができない
・人と会うのが仕事だし、会食も避けられない

まぁ、まずは一回ゼロリセットして、考えてみればいいと思います。
だいたい、大したことも、大した理由もありませんから。

ーーー