決算書会計から戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

決算書は結果、戦略MQ会計・マトリックス会計で戦略的な経営を

税金は払いたくないが、節税する前に考えておきたいこと

time 2018/03/26

「今期は利益が出そうなんだけど、税金は払いたくないし・・」
「税金を払うぐらいなら、物を買ったり、経費を使ったりした方がいいよな」

会社で事業をやっていると、こんな時が必ずあります。

税金を払うぐらいなら・・

「税金を払うぐらいなら、物を買ったり、経費を使ったりした方がいいよな」

多くの人はこう考えます。これが自然だと思います。
そして経費を使い、物を買い、あるいは保険に入ったり・・
確かに物を買ったり、経費を使えば費用が増えます。
そうすると利益が減るので、税金が減ることになります。

でもその前に、ちょっと考えてみてください。
ほんとうにそれでいいんでしょうか?

経費を使えば税金は減りますが・・

経費を使うということは、ほぼイコールでお金が出ていきます。

例えば今期、100の利益が出そうです。
仮に税率を30%とすると、30の税金を払わなければなりません。

それはイヤなので、経費として100使ったとします。
そうすると利益はゼロになるので、30の税金は払わずに済みます。
ですが経費として100使ったということは、お金が100減ります。

100の利益が見込めたとき、手元に300の現金があったとします。
税金はゼロですが経費を100使ったので、手元は200になります。(300−100)

では何もせずに税金を払った場合はどうなるか?
300−30=270、税金をゼロにしたときより、70も多く手元にお金が残ります。

中小企業はまずお金

中小企業の経営において、いちばん大切なのはお金です。
お金がなければ、何もできません。

100の利益が出ていても、お金がなければ倒産します。
200の赤字でも、お金があれば会社は潰れません。

100の利益が出たのは、なぜでしょうか?
その理由を明確に把握できていますか?

私も税金は払いたくないですが、税金は二の次です。

来期も同じように100の利益が出せるでしょうか?
来期300以上のお金を手元に残せるでしょうか?
まず考えるのは、これです。

来期利益を出すために、来期にもお金を残すために、
効果的な経費、お金の使い方、それは次のお金を生み出すか?
まずここから考えるべきだと思います。

おいしいもの倶楽部

決算書なんて経営の役に立たない