本は消耗品

最近、本は基本的に電子書籍化しています。

ですがいわゆる実務書のたぐいは、まだ紙ベースです。
「法人税の実務」とか「消費税詳解」みたいな本です。

税法は改正が毎年のようにありますので、内容が古くなったり、使えなくなります。

本の処分というと、
・捨てる
・誰かにあげる
・売る
といった選択肢になるかと思いますが、私は捨てています。

実務書のたぐいは5000円とか7000円とか、値の張るものも多いです。
売ればなにがしかのお金になります。
知り合いには、売っている方もいます。

誰かにあげるのもありますが、私にはその選択肢はないです。

捨てる理由は、
・線を引いたり、書き込みをしてあるものが多い
・売ったところで、わずかな金額の場合が多いので、手間を考えるとちょっとどうかと
・その日に終わらせられる
といったところです。

本、特に実務書は消耗品と割り切っています。
必要な情報を取れれば、それでよし、という考え方です。

実務書を選ぶ、買う基準は、ノウハウ的なものより考え方のしっかりしているものを選びます。
そうすると1冊あたりは高いようでも、身につくものが多いからです。
応用も効くようになりますし。

税理士業は勉強が仕入れです。
自分のPを上げるには、効率よく知識を入れて、実務に落とし、知恵に変える。

それに尽きるのかなと思います。

ーーー

MQ会計セミナー、開催のお知らせ

戦略MQ会計セミナーを行います。
詳細、お申込みはこちらからどうぞ