決算書会計から戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

決算書は結果、戦略MQ会計・マトリックス会計で戦略的な経営を

キャッシュフロー計算書(間接法の1)

time 2016/09/27

キャッシュフロー計算書(間接法の1)

直接法と間接法が混在している、現在のキャッシュフロー計算書。
特に一番知りたいのは営業におけるお金の出入り、営業キャッシュフローです。

もし、直接法ならこんな風になります。
cf%e7%9b%b4%e6%8e%a5
営業によりいくらお金が入ってきて、仕入れや経費にどれだけ払い、結果いくら残っているのかが分かります。

ところがこれでは手間が大変、ということで間接法によって作られています。
間接法だとこんな感じです。
cf%e9%96%93%e6%8e%a5
増減とプラスマイナスがなんか分かりにくいです。

IFRS(国際財務報告基準)等、世界的な流れとしては、やはり直接法でるべきだ、という流れになっています。自然ですもんね。

ついでに言うと、日本の損益計算書は利益がたくさんあります。
売上総利益、営業利益、経常利益、・・

米国基準ではこんなに利益はありません。
要するにいくら儲けたのかがストレートに分かればいい、ということで、
営業利益、税引前利益、当期純利益となっています。
経常利益はありません。


さて話を戻します。

間接法の営業キャッシュフローを見ると、当期利益に減価償却費を足しています。
これがまず社長にはわかりにくい。

キャッシュフロー計算書でプラスの項目は「お金が増えた」です。
ということは、減価償却をすればするほどお金が増えるように見えます。

費用が増えるのにお金が増える・・、なんか変ですよね。

ほかにも、売上債権が増えたらお金はマイナス(減る)
仕入債務が増えるとお金はプラス(増える)・・・

よくわからないので、専門家に聞いてみます。
そうすると返ってくる答えは・・・

>>(つづく)

<<前の記事を読む

★ 社長のための簿記・会計

おいしいもの倶楽部

会計・経理のお話

決算書なんて経営の役に立たない

考え方・ヒント

■ 登録商標について

・「MQ会計」「MQ戦略ゲーム」「企業方程式」は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、 株式会社 西研究所 の登録商標です。
      
・P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は西順一郎先生の著作物です。