改めて、備えについて見直す

改めて備えについて見直す必要を感じました。

地震については、東日本大震災を教訓に、備えは進んでいると思います。
自分自身も、水や食料といったものの備蓄を常態化しています。

一方で、今回多くの被害を出した台風。
台風15号では風、19号では水だったと思います。

事務所には少なからず紙の資料があります。
11階なので浸水することはないでしょう。
(なんと、雨漏りしました・・)
強風で窓が割れたら、書類が濡れたり飛ばされたりしてしまうかもしれない。

幸い空いていた衣装ケースがあったので、これに紙のものは入れました。
机の下に入れて帰りました。

ーーー
例えば、今住んでいる場所が川に近いとか、裏に崖があるとか。
それじゃあ引っ越します、というわけにも行きません。

地震に比較して、大雨や台風などの気象災害はある程度予測が可能です。
その場所から移動する、逃げるという選択肢を取ることができます。

そんなこと言ったって、
・家財をおいて出られない
・どこに行けばいいかわからない
・ペットがいるのよ
・高齢者がいるのよ ・・・

数えだしたらキリがないでしょう。

だからこそ、平時に考えておく、備えておく必要があるのだと思います。

・荷物を1個だけ持って行くならどうする
・ここからなら避難所はどこ、ここより高い場所はどこ

準備しておかなければ無理です。
捨てていくものも、決断しなければなりません。

村上龍氏が以前、本にこんなことを書いていました。

「決断」という言葉の語源は、治水のため堰を切って大量の水を放流することらしい。放流すると、必ずいくつかの村々が水に呑まれてしまう。だから為政者は、一帯の治水のために犠牲となる村々を選ばなければならなかった。

何を選び取るかという問いは、何を犠牲にするかという問いでもある。わたしたちは決断を迫られるとき、「何を犠牲にするのか」「何を捨てるのか」と問われている。

・リスクを知っておく
・身軽にしておく
・複数の方法を用意しておく
・早めに行動する
・自分には起こらないと思わない
・100%の安全はない

そのときに迷っていたら、手遅れです。
そうならないように、平時に準備しておきましょう。

残念ながら、そのくらいしかできませんが・・・

ーーー

MQ会計セミナーのお知らせ

戦略MQ会計セミナーを行います。
MQってなに? PQ? VQ?
会計のセミナーですが、難しい会計用語は使いません。
詳細、お申込みはこちらからどうぞ