戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

戦略MQ会計で戦略的な経営を

歴史に思いを巡らせて(地名や地勢はおもしろい)

time 2019/04/03

新元号が令和となって、その典拠とされる万葉集がにわかブームとか。

地名や地勢はおもしろい

私は東京生まれ。
生まれたのは新宿ですが、その後調布市で育ちました。
小学校の授業だったかで「万葉集」が取り上げられ、そのときに「調布」の歴史を学びました。

その頃からでしょうか。
地名・地勢など、今で言うなら「ブラタモリ」的なことは好きです。

実際のところは定かではないようですが、「調布」の名前の由来とされているのは、税金。
古代律令制の3種類の税金、租庸調。
この「調」を「布」で納めたところから、「調布」の名ができたとか。

調布市は南に多摩川が流れており、昔の人たちはそこで布を染め、水に晒していたようです。
実際、調布市には、「染地」「布田(布多)」などの地名があります。

また、お隣の府中市は律令時代の中心地のひとつ。
その由来か、調布市には「国領」という地名もあります。

北には神代植物公園でお馴染みの「神代」もあります。
(地名では同じ「じんだい」と読みますが、漢字は「深大寺」となっています)

万葉集では

万葉集では、この多摩川で布を水に晒す様子が和歌に詠まれています。

「多摩川に さらすてづくり さらさらに 何そこの児(こ)の ここだ愛(かな)しき」
(読み人知らず)

この和歌じたいは「多摩川で布を晒している子、かわいいな〜」という、なんともほのぼのな歌です。

また、一説にはこの歌に読まれている「てづくり」が「調布」のよみがなでもあると言われています。
「てづくり」は「たづくり」とも言われていたようで、これが調布市にある「たづくりホール」の名前の由来にもなっています。

武蔵野の、なんかほのぼのとした情景が浮かびますが、律令時代からの歴史ある地なんですよね。
日本史なんて大げさでなくても、地名や地勢から思いを馳せるのは、楽しいものです。

せっかくですから、これを機会に「万葉集」を読んでみましょうか。

ーーー

【編集後記】

桜が咲いたと思ったら、寒の戻りで寒いこと。
着るものの調整にひと苦労です。

おいしいもの倶楽部