決算書会計から戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

決算書は結果、戦略MQ会計・マトリックス会計で戦略的な経営を

会社の税金

time 2008/08/27

会社(法人)に対してかかる税金にはどんなものがあるでしょう。

事業に関する主な税金には、
法人税、消費税、法人住民税、法人事業税があります。

支払先によって分類すると、
法人税・消費税は国税といって国に払う税金です。

法人住民税・法人事業税は地方税といって、地方自治体 (都道府県と市町村) に払う税金です。

■ 利益に対する税金
何に対してかかる税金かという分類をすると、
法人税、法人住民税 (法人税割)、法人事業税は会社の利益に対してかかります。
当然、利益がでなければ税金の負担はありません。

■ 法人住民税の均等割
法人住民税均等割は会社の利益に関係なく、必ずかかる税金です。
「基本料金」のようなものですね。

■ 消費税
会社の取引に対しては、消費税がかかります。
会社の規模(資本金など)や取引金額によっては、納税が免除される場合もあります。
会社だからといって必ずかかる訳ではありません。

しかし、利益は出ない会社はあっても、取引のない会社は考えにくいですよね。
また、商品仕入れや経費の支払には、原則消費税がかかります。
消費税については、手続き等で税額が変わるなど難しい部分も多いので、注意が必要です。

■ その他
このほか、契約書を作ると印紙税。
車を持てば自動車税。
不動産を持てば固定資産税・・・

税の悩みは尽きませんね・・

税理士等の専門家に相談できる体制をつくっておきましょう。

おいしいもの倶楽部

決算書なんて経営の役に立たない