戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

税理士 谷口敏文のblogー決算書は経営の役に立ちません

減価償却費は足すということですが・・(間接法のキャッシュ・フロー計算書)

time 2019/06/27

間接法のキャッシュ・フロー計算書では、当期利益に減価償却費を足します。
お金が出ていっていない費用だから、という理由です。

減価償却の対象になる資産は、それなりの金額です。
私が知っている範囲では、現金でポン!と買っている会社は、ほぼありません。

車であれば、オートローンだったり、
リース資産であれば、リース会社に割賦で払っていたり、
銀行から借り入れをして購入していたり。

リース料だったり、返済だったり、毎月の支払いが紐付いています。

「定率法の場合は、償却費と返済額が違う」
「返済とかは、(違うブロックの)財務キャッシュフローに出てくる」

こう言われる方も多いと思います。

でも、減価償却する資産については常に支払いがある。

・車の月賦がある
・リース料を払ってる
・銀行返済してる

やっぱり費用、支払っているという感覚のほうが自然な気がします。

間接法のキャッシュ・フロー計算書は、+・ーも難しいし、苦手だな。

書いてる人

谷口敏文
(税理士 ㈱TKS 代表取締役)

決算書作りに疑問を感じていたとき、戦略MQ会計に出会う。
経営の役に立たない決算書から、経営に役立つMQ会計を広めるべく日々活動中。

■ 登録商標について

・「MQ会計」「MQ戦略ゲーム」「企業方程式」は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、 株式会社 西研究所 の登録商標です。

・P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は西順一郎先生の著作物です。