決算書会計から戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

決算書は結果、戦略MQ会計・マトリックス会計で戦略的な経営を

年末年始、税金あれこれ

time 2018/12/26

実際にあった事例から、年末年始が絡む税金関係を。

住宅ローン控除関係

引っ越し

年末近くに住民票を、自宅から別の場所に移したAさん。
住宅ローン控除を受けている方でした。

住宅ローン控除を受ける要件の中に「その年末までに住んでいること」があります。
ですから引っ越してしまうと、受けられません。

もしご主人が転勤、単身赴任なら、所定の手続きをすれば住宅ローン控除が受けられます。
会社の方からAさんに引っ越しの理由を聞いてもらうと、お子さんの越境入学の関係とか。
それなら奥さんの住民票を移せばよかったんですけどねぇ・・・

Aさんはその年、住宅ローン控除が受けられませんでした。

繰り上げ返済

暮れのボーナスが思いの外よかったBさん。
住宅ローンを少しでも減らそうと、繰り上げ返済。

住宅ローン控除で使う借入金の金額は、年末現在の金額です。
10月頃送られてくる証明書は、あくまでも予定額。

11月や12月に繰り上げ返済をすれば、当然その金額は使えません。
証明書は新たに取り直して計算になります。

もちろん、ローン控除が最優先ではありませんが、返済時はご注意を。

出国しました

住民税

12月に急遽海外赴任が決まったCさん。
12月20日に出国することになりました。

国外に出る場合、原則として所得税は出国時までに確定申告をします。
住民税はその年の1月1日に、日本に住所がなければ課税されません。

Cさんで今年を例に取ると、2018年12月20日に出国し、2019年1月1日時点で日本に住所がなくなります。
すると、2018年にいくら所得があっても、これには住民税がかからないのです。

これはすごい。

ふるさと納税

このCさん、ふるさと納税を結構していました。
ふるさと納税、手続きが一番多いのは12月に入ってからだそうですね。

ふるさと納税をすると、所得税と住民税から一定の控除がされます。
所得税は確定申告のときに、住民税は翌年に払う住民税から控除されます。
Cさんは出国時の確定申告で、ふるさと納税分の寄付金控除が受けられます。

しかし、住民税は違います。

Cさんは2018年12月20日に出国したので、2018年の所得に対して住民税がかかりません。
なので、ふるさと納税分を控除することができなくなります。

まぁ、2018年の所得についての住民税がなくなるので、そっちの方がいいとは思いますけど。

ーーー

【編集後記】

年末、道路が混んでますねー。
よく見ると結構工事もしています。
年末とかは工事しないんじゃないのかなー?

MQ会計セミナー、開催のお知らせ

戦略MQ会計セミナーを行います。
詳細、お申込みはこちらからどうぞ