戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

税理士 谷口敏文のblogー決算書は経営の役に立ちません

無料_相談

time 2019/08/19

無料相談、相談無料

「ご相談は無料です」
よく見るフレーズです。

無料相談、相談無料。
言葉を補ってみると、無料の相談、無料で相談、相談は無料。

1、無料の相談
・相談する人:無料
・相談を受ける人:有料
 税理士会など主催者がお金を払っている?
 相談を受ける人は損していない?

2、相談は無料
・相談する人:無料
・相談を受ける人:有料
 顧問料などに含まれている?
 実際は無料ではない?

3、無料で相談
・相談する人:無料
・相談を受ける人:無料?
 (友達なんだから)無料で相談に乗ってよ
 相談なのにお金取るの?
 お客になるかもしれないよ?

こんな感じでしょうか?

無料相談については相談する側、される側で、まだまだ温度差があるようです。

ーーー

MQ会計セミナーのお知らせ

戦略MQ会計セミナーを行います。
詳細、お申込みはこちらからどうぞ
ーーー

サービスがすぐに提供できるのは?

おまわりさんが、尋ねた道をすぐに案内できるのは、
ソムリエさんが、肉に合うワインをすぐに選んでくれるのは、
税理士が、税金のことを聞かれて答えられるのは、

すぐに答えられるのは、それまでがあるからです。

・勉強している
・経験している
・苦労している
・修行している

困りごとや、悩み事が短時間で解決するのは、
質問の意図を理解し、適切な対応ができる技術を持っているからです。

お金や時間がかかっています。
それに対しては適切な対価が必要です。

以前は「お客さんになれば、もとは取れる」的な考えもありました。
でも今は、相談をお受けするときは、無料ではお受けしていません。

ほかの事務所は無料相談やってるよ

「ほかの事務所は無料相談やってるよ」
こんなことを言われることもあります。
その場合、「それではそちらの事務所でご相談されてはいかがですか」と私は言います。

ほかにも「無料で相談に乗ってくれませんか」という方をお断りする場合、
・税理士会で無料相談やってますよ
・市役所に相談相談ありますよ
・ネットで調べてみてはいかがですか
と促しています。

特に日本人は「サービスはタダ」という意識が強いです。
でも、サービスはタダではありません。
「おまけ」ではないのです。
サービスを業(なりわい)としているのです。

仕事です。
ボランティアではありません。

相談を受ける側も、きちんと請求しましょう。

無形のもの、サービスにお金を払う意識を作っていきましょう。

書いてる人

谷口敏文
(税理士 ㈱TKS 代表取締役)

決算書作りに疑問を感じていたとき、戦略MQ会計に出会う。
経営の役に立たない決算書から、経営に役立つMQ会計を広めるべく日々活動中。

■ 登録商標について

・「MQ会計」「MQ戦略ゲーム」「企業方程式」は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、 株式会社 西研究所 の登録商標です。

・P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は西順一郎先生の著作物です。