決算書会計から戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

決算書は結果、戦略MQ会計・マトリックス会計で戦略的な経営を

支払調書がこない・・源泉徴収税額が合わない・・

time 2017/02/02

支払調書がこない・・源泉徴収税額が合わない・・

個人でデザインや原稿料などをもらっている方は、報酬の受け取り時に源泉所得税を引かれています。

1回の支払いが100万円までの場合は、10.21%の源泉所得税が引かれます。
例えば消費税込みで108,000円だった場合、こんなふうに計算されます。

108,000円 ー 108,000円×10.21% = 96,974円(手取り額)

源泉所得税は消費税前の金額をもとに計算することもできます。
この場合はこうなります。

108,000円 ー 100,000円×10.21% = 97,790円(手取り額)

最初の消費税込みの金額に対する計算の場合、10.21%を計算すると、11,026.8円となります。
この場合、円未満の端数は切り捨てますので、11,026円を引くのが正しいです。

ただ、支払い側で端数処理を間違えている場合もあります。
その場合は1円ずれてしまいますね。
もしずれてしまっていても、もらう側ではどうにもできません。
なので、実際に引かれた金額を使って確定申告をしてください。

入金額から確認する方法

例えば、108,000円請求して、108,000円入ってくればわかりやすいんですが、源泉税が引かれて入金されるとわかりにくいですね。
でもこの場合、かんたんなチェック方法があります。

入金額を次のいずれかで割り返します。

<消費税込みの金額に対して源泉所得税が計算されている場合>

入金額 ÷ 0.969732 × 1.08 = 消費税込みの請求額
( × 1.08をしなければ、消費税前の本体額が出ます)

入金額が 193,947円だった場合、
193,947 ÷ 0.969732 × 1.08 = 216,000.668225・・(消費税込みの請求額)
(端数処理の関係で、円未満の端数が出ることがあります)

× 1.08をしなければ消費税前の本体額、200,000.618727・・となります。

<本体価格に対して源泉所得税が計算されている場合>

入金額 ÷ 0.9779 × 1.08 = 消費税込みの請求額
( × 1.08をしなければ、消費税前の本体額が出ます)

入金額が 195,580円だった場合、
195,580 ÷ 0.9779 × 1.08 = 216,000(消費税込みの請求額)

× 1.08をしなければ消費税前の本体額、200,000 となります。

もし1円合わなければ、計算上の端数か源泉所得税の計算での端数処理の間違い(切り上げや四捨五入をしてしまっている)です。

1円以上ずれる場合は、
・先方の計算間違い
・振込料が差し引かれている
などが考えられます。
早めに確認しましょう。

支払調書がこないので、金額がよくわからない、申告できない・・

支払調書は支払い側で発行する義務がありません。
なので送られてこない可能性があります。
もちろん、確定申告時に添付の必要もありません。

ご自身で商売して、請求しているんですよね。
支払調書がこなくても、自身で数字をまとめられなければダメですよ〜

・渡す必要はありません(支払調書)

・源泉徴収票と支払調書



★ 社長のための簿記・会計

おいしいもの倶楽部

決算書なんて経営の役に立たない

■ 登録商標について

・「MQ会計」「MQ戦略ゲーム」「企業方程式」は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、 株式会社 西研究所 の登録商標です。
      
・P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は西順一郎先生の著作物です。