眠りは大切

「今日は調子がいいから、やれるまでやってしまおう。」

昔はそんなこともありましたが、今はしっかり睡眠を取っています。

なぜ眠くなるのかといえば、それは人間、生き物としての必要性があるからです。
もし人間を眠らせないで、ずっと起こしておくと、必ず死んでしまうそうです。

寝ているといっても、十分でない。
つまり寝不足になれば、頭はぼんやりし、脳の機能は低下します。

寝ている、と言っても脳みそが休息の状態になっているわけではありません。

まだ詳しく解明されているわけではありませんが、睡眠の役割の1つは「記憶の整理整頓」です。

意識・無意識を問わず、起きている間は様々な情報が脳に送られてきます。
特に視聴覚を中心としたものは、膨大です。
なのでこれを整理整頓する必要があるわけです。

コンピューターのバッチ処理みたいなものでしょうか。

そのためには、視聴覚を始めとした情報の入力を止めなければなりません。
処理してるそばから、新しい情報がどんどん入ってきたら収集がつかないからです。

そこで、簡単に言えば意識を失った状態とも言える、睡眠状態にする(なる)ことが必要なわけです。
ぐっすり眠ったあと、頭がスッキリした経験は、多くの人が持っているでしょう。

良いパフォーマンスを出したいのであれば、しっかり睡眠をとって、脳みそに活躍してもらいましょう。

ーーー