もっと簡単だった(iPhoneの写真をjpegにする方法)

な〜んだ、こんなに簡単だったのか。

iPhoneで撮った写真は、原則としてHEIF形式で保存されます。
一般的なjpeg形式ではありません。

いわゆるMacWorldのなかで過ごしていれば、この形式のままでも問題ありません。
しかし、他人とのやり取りなどでは、jpegで対応しなければならないことも多くあります。

今までも、いろいろ思考錯誤していました。

>>今までの試行錯誤の跡<<
・HEIF形式の写真をJPEGに変える簡単な方法
・こんなところで発見するとは(iPhoneの写真をjpegにする方法)

が、実に簡単でありました。

まず、写真を開きます。
そして、メニューから、ファイル → 書き出す と進みます。

そうすると、このような画面になります。

ここで真ん中にある「フォーマット」を切り替えて保存します。
もちろん、デフォルトでは「HEIC」となっています。
(HEICは、HEIF形式の拡張子です。ちょっとややこしいですが)

拡張子をjpegに変更して保存します。

もちろん、ほかの形式PINGとかPDFなど、他の形式にして保存したいときもここで変えます。

iPhoneで写真を撮り、AirDropでMacに落として、変換。
めんどうといえばめんどうですが、まぁ良しとします。

ーー