戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

税理士 谷口敏文のblogー決算書は経営の役には立ちません

一家に一台、あってもいいかも(ICカードリーダー)

time 2020/06/16

特別定額給付金の手続きは、「本来は」ネットで完了すべきでした。
今後整備がされていくことを切に願いつつ、記事を進めます。

マイナンバーカードを持っていれば、簡単に手続きができます。
カードの読み取りには、パソコンにカードリーダを繋げて読み取る方法か、カード読み取り機能のついたスマホで読み取る方法があります。

こちらも賛否や慣れ不慣れがありますが、私はネットでの手続きは、パソコンでする方がやりやすいです。
この場合、手続きするにはカードリーダが必要です。

私は仕事柄、マイナンバーカードも、カードリーダーを持っています。
ただ、一般的にはどちらもあまり必要性がありません。

カードも持っていないし、カードリーダーも今まで少しお高めだったので、買わない方もいたでしょう。

今回見つけたのカードリーダーは、こちら。

NTTコミュニケーション NTT Communications
ICカードリーダライタ 接触型 USBタイプ(Win&Mac版) CIR115 CIR115-NTTCom

です。

今日現在、Amazonでは取り扱いはありませんでした。
ビックカメラ、ヨドバシは取り扱いがあります。

ビックカメラ
https://www.biccamera.com/bc/item/8140690/

ヨドバシ
https://www.yodobashi.com/product/100000001005660953/

お値段は税込2,320円。

店舗でも売っています。
私は今日、ビックカメラの店舗で買いました。
一番最初に買ったカードリーダー(ICカードリーダライタ SCR331DI-NTTCom)が不調になったからです。

今後電子化が進んでいく中で、マイナンバーカードの取得も促されています。
マイナンバーカードを使った手続きも、増えてくるでしょう。

マイナンバーの「制度」にはいろいろ不満点もあります。
が、マイナンバーカードを「持つこと」には、デメリットを感じません。

この辺は整備して、手続きをラクにするのはいいと思います。

おいしいもの倶楽部

書いてる人

谷口敏文
(税理士 ㈱Polku 代表取締役)

決算書作りに疑問を感じていたとき、戦略MQ会計に出会う。
経営の役に立たない決算書から、経営に役立つMQ会計を広めるべく日々活動中。

■ 登録商標について

・「MQ会計」「MQ戦略ゲーム」「企業方程式」は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、 株式会社 西研究所 の登録商標です。

・P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は西順一郎先生の著作物です。