淀みない流れは、安心をもたらします

相変わらずトイレットペーパーは、店先にありません。
マスクも一向に見かけません。

トイレットペーパーは入っても、あっという間になくなります。
店員さんももう疲れてしまっているみたいで、ちょっと気の毒です。

「在庫はたくさんありますよ!」

と業界の方がSNSに写真をUPしていましたが、事務所のある神保町界隈ではほぼ見かけません。
トイレットペーパーは、なぜ店先に並ばないのでしょうか?

・在庫があるなら、配送すればいい
・配送するにはトラック(台数)を増やせばいい
・ドライバーが足りない?なら増やせばいい
・トラック(台数)が増やせないなら、配送回数を増やせばいい・・?

どれも確かに正論ですが、現実にはなかなか実行できません。

・買うお金がない
・ディーラーに車がない(納車待ち)
・買ったはいいけど、トラックを維持し続けるのはムリ
・今の御時世、そう簡単に採用できない
・人件費の負担、できません
・運良く採用できても、需要がなくなったからと言って解雇はできません
・時間的にムリ
・働き方改革で強制もできない

商品が消費者まで届くためには、需要、生産、配送、販売の流れがよどみなく行くこと。

どこかで目詰まりを起こしてしまうと、途端に不具合が生じます。
そして店頭から消えたままになっていると、さらに不安を煽ることになります。

ここはひとつ、国が主導して不安を解消してほしいところです。
もちろん消費者も、買い占めはしないでくださいね。    

ーーー

【編集後記】

今月始めから休止になっていたスポーツクラブが、明日から再開されることになりました。
全面再開ではなく、各種のレッスンやパーソナルトレーニングは休止のままです。

そのほか、有酸素マシンやマッサージチェアーが、間引いて設置されるそうです。
スポーツクラブは感染源として悪者扱いですから、慎重にならざるを得ないのでしょう。

もとに戻るまでは、もうしばらくかかりそうです。