戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

税理士 谷口敏文のblogー決算書は経営の役に立ちません

どう計算しているのか?

time 2015/10/12

あなたは求人広告を見ています。

まずはパッと見から

・A社:平均年収 600万円、安定した職場です。
・B社:平均年収 600万円、新人からベテランまで楽しい職場です。
・C社:平均年収 1,180万円、能力重視の会社です。

どの会社にしましょうか?

安定した職場はいいですね。
いや、能力主義の会社も魅力ある?

でも、これだけでは判断できない、ですよね。

次は細かく

各社の給与について、内部資料を見ることができました。

◆ 例1はA社です。
スクリーンショット 2015-10-12 1.36.02
A社はバランスがいいですね。
多くの方の「平均」のイメージは、こういう感じではないでしょうか。
平均値の近くに程よく分布している・・

◆ 例2はB社です。
スクリーンショット 2015-10-12 1.13.00
B社は年功序列かもしれません。
給与が上がるまでには、時間がかかるかもしれませんね・・

◆ 例3はC社です。
スクリーンショット 2015-10-12 1.14.44
C社は相当厳しそうですね。
これは極端ですが(笑)、これでも平均値は他社を上回ります。
ひょっとするとAは社長で、ブラック企業かもしれません・・

平均値・中央値など表し方はたくさんあります

平均値というのは、あくまでも標本を全て合計し、その標本数で割っただけにすぎません。
ほんとうにただ単純な、平たくした値です。
標本の振れ幅が小さければ平均値に、振れが大きければ振れの大きい方に引っ張られます。

平均値だけでは、極端な例を発見できないため、その他の値も見るべきでしょう。
例えば中央値。標本のど真ん中の値を抽出します。
また、最頻値。標本の中で一番多く出てくる数値です。

そうすると、C社は各値が大きくブレていますし、A社はブレがほとんどありません。
グラフで見ればよくわかるのですが、数字しかデータがないこともあります。

1つの値しか見ていないと、判断を誤ります。

可能な範囲内で多くのデータを見る。
塊だけではなく、ばらしてみる、より細かな部分も見ていく。
俯瞰したり、違った角度から見ていく、

工夫が必要ですね。

書いてる人

谷口敏文
(税理士 ㈱TKS 代表取締役)

決算書作りに疑問を感じていたとき、戦略MQ会計に出会う。
経営の役に立たない決算書から、経営に役立つMQ会計を広めるべく日々活動中。

■ 登録商標について

・「MQ会計」「MQ戦略ゲーム」「企業方程式」は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、 株式会社 西研究所 の登録商標です。

・P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は西順一郎先生の著作物です。