戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

税理士 谷口敏文のblogー決算書は経営の役に立ちません

見当識(けんとうしき)

time 2018/05/08

意識を失ったなど、意識障害の可能性がある人に行う状況把握の方法として、「見当識(けんとうしき)」というものがあります。

・自分の名前や家族関係など
・現在の年月や時刻など
・現在の位置など

を確認します。

具体的には
「あなたは誰ですか?」
「今日はいつですか?」
「ここはどこだか分かりますか?」

といった問いかけをします。
意識に何らかの障害があると、上記のすべて、またはその一部が答えられません。

「ふーん、なるほどね~」

最初この見当識という言葉を聞いたときの感想です。
でも、よーく考えてみると、意識障害がなくてもとても難しい問題になりえます。

「あなたは誰ですか?」

名前や住所、性別、年齢、住所、家族構成・・・

一応答えられます。
が、もし「本当ですか?」と何回も聞かれると、不安になってきます。

ほんとうに自分は自分なんだろうか?(笑)

前から「意識」というものに興味があり、いろんな本を読んでいますが、読めば読むほど「意識」ってなんだか分かりません。

「意識」には科学的な定義がないそうです。
実は分かっているようで、分かっていないようです。

・・・

と、眠れなくなりそうなので(笑)、このへんで。

書いてる人

谷口敏文
(税理士 ㈱TKS 代表取締役)

決算書作りに疑問を感じていたとき、戦略MQ会計に出会う。
経営の役に立たない決算書から、経営に役立つMQ会計を広めるべく日々活動中。

■ 登録商標について

・「MQ会計」「MQ戦略ゲーム」「企業方程式」は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、 株式会社 西研究所 の登録商標です。

・P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は西順一郎先生の著作物です。