決算書会計から戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

決算書は結果、戦略MQ会計・マトリックス会計で戦略的な経営を

今までだと、記録郵便(書留など)を出すときは、所定の用紙に差出人の住所氏名と受取人の名前を書かなければなりませんでした。

ところが最近、これが不要になったようです。

用紙を書かず窓口で「特定記録でお願いします」と言うと、端末で郵便の表と裏をパチリ。

そうすると写真の左側のように差出人と受取人の情報がレシートに印字されます。
これで料金払って終わりです。
これは便利です。

・用紙に書かなければならない
・でも書くのはめんどくさいから、ゴム印を押す

なんて今までやっていたことも、
・そもそもそれが必要?
・無くす、簡略化することで何か問題がある?

ということを考えてみることから、やってみるべきですね。

ゴム印をたくさん作ることも、書くスピードをあげることも、
パチリにはかないません。

そして、パチリもやめられれば、さらにいいんですけどね。

おいしいもの倶楽部

決算書なんて経営の役に立たない