決算書会計から戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

決算書は結果、戦略MQ会計・マトリックス会計で戦略的な経営を

確定申告は必要?(年金収入と給与収入がある場合)

time 2019/02/12

「ほかに収入がなければ、確定申告しなくていいんですよね?」

確定申告不要制度

ニッポン国民は、原則として所得税について確定申告しなければなりません。
ですが、1億人近い人がこの時期税務署来ると、大変なことになります。

そこで、一定の要件を満たした人は確定申告しなくてもいい、申告不要制度があります。

代表的な例としては、こんな方々です。
・給与収入が2000万円以下で、他の所得が20万円以下の人
・年金収入が400万円以下で、他の所得が20万円以下の人

年金収入と給与収入

一億総活躍社会なのか、年金をもらいながら働く方も増えています。

そうすると、給与収入と年金収入があることになります。
この場合、次に該当すれば確定申告は不要です。

・給与収入が2000万円以下で、年金収入がある場合
 この方が65歳未満で、年金収入が90万円以下
 または、65歳以上の方で、年金収入が140万円以下

・年金収入が400万円以下の場合で、給与収入がある場合
 給与収入が85万円以下

ただし、金額によっては申告すると所得税が戻る場合もあります。
この場合は申告しましょう。

逆に確定申告すると、税金の支払いになるケースもあります。
そのときは、申告不要を選びましょう。

申告不要でも、確定申告しなければいけない場合もあります

所得税の優遇規定の多くには、「確定申告書を(連続して)提出していること」という要件があります。

例えば株式の譲渡損失の繰越控除などです。
この制度は上場株を売って損が出てしまった場合、来年以降の株の利益から過去の損を引けるという制度です。

どうせ株も損しているから、税金もないし、申告もめんどうだし。
そう思って申告書を提出しないと、この制度の適用が受けられません。

注意してくださいね。

ーーー

【編集後記】

今日の午後飛び込んできた、池江選手の白血病のニュース。
思わず絶句してしまいました。

ご本人が一番大変だと思いますが、今では治せる病気だということです。
早く良くなってくれるといいですね。