戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

税理士 谷口敏文のblogー決算書は経営の役に立ちません

記録があって、検証できる

time 2020/05/31

子どもが計算問題を解いて持ってきました。

250 -(30 × 4 + 3)= 40

おやっ?答えがあっていません。

そこで子どもに聞いてみます。

「どうやって計算したの?」

子どもの答えは、
・カッコの中から先に計算した
・次に足し算(4+3)を計算して、答えは7
・30×7を計算して、210
・250-210を引いて、答え40を計算したそうです。

間違えてしまったのは、2番めのプロセス。
カッコの中での計算の順番を、間違えてしまったわけです。

掛け算・割り算が先、その後に足し算・引き算をする。
カッコの中でもその決まりは変わりません。

ここを確認して、計算しなおせば、正しい答えの「127」が計算できます。

もし、この4つのプロセスが記録されていない場合、どこを間違えたのか?なぜ間違えたのか?が分かりません。
検算(検証)ができない、あるいは膨大な手間ひまがかかることになります。

「なんで売上が下がったの?」
「何で今期は赤字なの?」

会社でも同じようなことがあります。
データ・記録があれば、それを検証することで、良かった点は伸ばし、悪かった点は直し。
次に進むことができます。

良くも悪くも、経験したこと、考察したことを記録しておくことは財産になります。
今、こういうご時世であっても、事実を記録しておきましょう。

ーーー
【編集後記】

久々に床屋さんに行きました。
前回行ったのは、自粛要請が始まるちょっと前。
そのとき店員さんは「ここのところ、そういうお客様が多いです」と言っていました。

自粛要請明けの今回、フェイスシールドして、枝切り鋏やマジックハンドでカットされるかと思っていたら、
そんなことはありませんでした。

「それはムリです」
店員さんに笑われてしまいました。
ただ、衛生面には十分注意して、工夫して乗り切ると言っていました。

それにつけても給付金の類は、早く出してもらいたいものです。

書いてる人

谷口敏文
(税理士 ㈱TKS 代表取締役)

決算書作りに疑問を感じていたとき、戦略MQ会計に出会う。
経営の役に立たない決算書から、経営に役立つMQ会計を広めるべく日々活動中。

■ 登録商標について

・「MQ会計」「MQ戦略ゲーム」「企業方程式」は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、 株式会社 西研究所 の登録商標です。

・P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は西順一郎先生の著作物です。