戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

税理士 谷口敏文のblogー決算書は経営の役に立ちません

事務所の片付けをしています。
自分の「身」はなかなか軽くなりませんが、事務所回りなどを身軽にすべく。


(クロネコの機密書類リサイクルサービス)

まず紙との戦い

紙の書類は減らすようにしていますが、現状は溜まってしまいます。
放って置くと紙はどんどん増えます。
また、仕事の性質上、処分にも気を遣います。
普通のゴミとして捨てられないものが多いです。

現在はクロネコの機密書類リサイクルサービスを利用しています。
みかん箱程度の箱をヤマトさんからもらい、それに書類を入れ処分してもらいます。

1箱1,890円(税抜き)です。
シュレッダーで処分するという方法もありますが、時間的な余裕はありません。
人にやってもらうのもナンセンスです。
高くはないと思います。

広げない、大きくしない

紙以外にもいろいろ溜まっていきますが、減らすための工夫として、

・事務所を広くしない
・規模を大きくしない
・入れる容器を大きくしない、増やさない

とにかく「器を大きくしない」ことが大事です。
容れ物が大きいと、そこに入れようとします。
余裕があるので、ついつい買い込みます。
すき間があると、詰めようとします。

リュックは20l、トランクは機内持ち込みサイズです。
これより大きなサイズのものは買いません。

そしてこれに収まるように荷物量を調整します。
入るように工夫します。
どうしても入らないときは、補助バッグを使いますが、稀です。

事務所は現在キャビネット2つと本棚1つ。
キャビネットも1つ減らす予定ですし、事務机が1つあるのですがこれも無くす予定です。

もらわない、やらない

・紙でもらわない
・コピーしない
・書かない

とにかく紙を使わない。
これは心がけています。
内容がわかればいいもの、原本を預かる必要のないものは、できるだけ写真とかにしてしまいます。
最近のスマホのカメラは解像度がいいので、メモ代わりにもなります。

これで紙は減らせます。
もちろん、デジタルデータでは溜まることになります。
これでは効果は半減ですので、処理後は放置せず、早めに処分します。

理想は

リュックとトランクに入るぐらいにしたいですね。
いざというときでも、これぐらいならもってすぐに移動できます。

「本当にここ、会計事務所ですか?」

と言ってもらえるぐらい、そのくらいの身軽さを目指していまーす(笑)

ーーー

【編集後記】

知り合いに紹介してもらい、整体へ。
なかなか上手な方で、しばらく通うことにしました。
何が違うのかなー?と思って、気づいたこと。

「力加減いかがですか?」とか「強くありませんか?」と聞かれないこと。

でも、適度な加減です。これが上手さなのかな?と思ったのでした。

書いてる人

谷口敏文
(税理士 ㈱TKS 代表取締役)

決算書作りに疑問を感じていたとき、戦略MQ会計に出会う。
経営の役に立たない決算書から、経営に役立つMQ会計を広めるべく日々活動中。

■ 登録商標について

・「MQ会計」「MQ戦略ゲーム」「企業方程式」は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、 株式会社 西研究所 の登録商標です。

・P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は西順一郎先生の著作物です。