戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

税理士 谷口敏文のblogー決算書は経営の役に立ちません

実はちょっとの違いだったりする

time 2019/12/19

たまに過年度の書類を作成することがあります。
そうすると、過去のバージョンのソフトなどに、データを入れなければならないことがあります。

うっかり今のバージョンで入力してしまい、いざ電子申告等で処理しようとすると、「バージョンが違います」ということになったり。

バージョン違いのデータでも、うまく引き継げればいいのですが、ダメなケースも多いです。
インポート、エクスポートを使ってもです。
そうなると、泣く泣く打ち直したりすることもありました。

「何とかならんかなー」

そう思うと、手が見えてくることもあります。
ある書類の場合、バージョンこそ変わっていたのですが、中の書式はほぼ一緒。
エクスポートしたデータの中をのぞいてみると、なんと違いはたった4文字。

右が新バージョン、左が旧バージョンです。
なので、右の赤枠部分を、左の旧バージョンの形に変えてみます。

Fl31 → Fl28 へ
1.0.2.2 → 1.5.3.2 へ

結果として31を28、0と2を5と3に、4文字だけ変更すると、旧バージョンのソフトにインポートができました。
中を確認してみても、問題ありません。

これを打ち直していたら・・と思うとゾッとします。

たぶん、この辺に詳しい方にとっては「そんなこと」かもしれません。
でも、この方法を見つけたときは、小踊りしました。

もちろん、最初にチェックしろよと、いう話です。

方法がない、と思っても何かできないか、やって見る必要はありますね。

ーーー
写真の画面は、テキストエディターの画面です。
私はWordが苦手で、文書を書くときは、このテキストエディターを使っています。

もともとはプログラムを書くためのものなのですが、逆にこういうときは本来の機能で活躍してくれます。
今回のデータはXMLデータだったので、コードとして表示され、見やすかったです。

ワープロのおせっかい機能もなく、使いやすいので、私のお気に入りソフトの1つです。

CotEditor
https://coteditor.com

おいしいもの倶楽部

書いてる人

谷口敏文
(税理士 ㈱TKS 代表取締役)

決算書作りに疑問を感じていたとき、戦略MQ会計に出会う。
経営の役に立たない決算書から、経営に役立つMQ会計を広めるべく日々活動中。

■ 登録商標について

・「MQ会計」「MQ戦略ゲーム」「企業方程式」は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、 株式会社 西研究所 の登録商標です。

・P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は西順一郎先生の著作物です。