帳簿に記録されるのは・・(機会損失)

帳簿に記録されるものは何でしょう?
はい、取引があり、金額で表せるものです。

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる

「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」ということわざがあります。
下手でも、数をこなせばまぐれ当たりもあるよ、という意味です。

鉄砲であれば、100発の玉を入れて、何発当たったかを数えることができます。
逆に言えば、何発外れたかも数えることができます。

コールセンターから電話営業。
片っ端から電話をかけ、「うちの商品買ってください」
電話販売なら、名簿を見ながら掛けているでしょうか。

パン屋さんでパンを売っています。
お客様に接客し、買ってもらえることもあれば、買わずに帰られてしまうことも。
売れた分はレジに記録され、売れなかった分は・・・記録されません。

■ ■ お知らせ ■ ■
MQ会計を実践的に学んでみませんか?
東京・MG(MQ戦略ゲーム)2日間
2023年 2月18日(土)/ 19日(日)

記録されるのは、売れた分だけど

「今日の売上は20万円、今日の客数は100人か。まぁまぁかなぁ」
記録に載っているのは、実際に買ってくれたお客さんの分だけです。

では、来店されたけど買わずに帰ってしまったお客さんは何人?
売上に結びつかなかった理由はなに?

これらは「売り逃し」、「機会損失」といいます。

実はこれは試算表にも決算書にも載っていません。
でもとても重要な情報ですよね。

・店員さんの対応がまずくて帰ってしまった?
・買いたいものが品切れで、帰ってしまった?
・ネットで見て買いに来たけど、実物がイマイチで帰ってしまった?

その理由は何らかの方法で収集できているでしょうか。

・すぐに対応できるもの?
・設備を増強・直すなどの対応が必要なもの?
・商品などを見直さなければいけないもの?

それによって対策も変わってきます。
経費を削減するよりも、機会損失を減らすことで、利益を増やすことができます。

会計で追える部分はごくわずか

ここ2〜3年、こう思うようになりました。

「会計は会社のすべてを表していないが、会社のすべての事象は、会計に記録される」

決算書などの会計に載るものは、金額で表される取引です。
お客様の情報や従業員の能力は載っていません。

しかし、これらが作用することで売上が生じたり、損失が生じたりすると、それは金額で表され、決算書などに載ります。
結果として現れるのです。

決算書ばかり見ていても、いくら経営分析をしていても効果は薄いでしょう。
机上の業務は最低限にして、もっと現場を見ていきましょう。

ーーー

MQ会計セミナーのお知らせ

戦略MQ会計セミナーを行います。
MQってなに? PQ? VQ?
会計のセミナーですが、難しい会計用語は使いません。
詳細、お申込みはこちらからどうぞ