戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

税理士 谷口敏文のblogー決算書は経営の役に立ちません

チリも積もれば、なんとやら

time 2020/06/05

向かって左が青色のM銀行、右が赤色のM銀行の通帳。
私は緑色のM銀行には口座を持っていませんが、MegaBankだからなのか、みんなM銀行なんですねー

先日、マイナンバーカードを使って、スマホから申請した特別定額給付金。
振り込まれていました。
赤色のM銀行です。

そういえば赤色のM銀行は、日付が元号表示ですね。

コロナ関係の給付金など、電子申請の手続きで、日付を入れる箇所があります。
ここも和暦だったり、西暦だったりしていました。

どちらでもいいんですが、できれば西暦で統一するようにしてもらえないものでしょうか。

この微妙な違い、繊細な日本人は「対応はできます」けど、チリも積もれば膨大なストレスになります。
日本の生産性が上がらないのには、こんなことも関係しているのでしょうか。

先日、東京都の感染拡大防止協力金の申請をされたお客様のところに、問い合わせの電話が入りました。

その方は高齢の方なので、私はいつも、
・知らない電話には出ない!
・役所の名前を語ったら詐欺!
・こちらから連絡するから、連絡先を聞いて切る!
と伝えています。

そして、私に電話がかかってきました。
「何とか給付金についてって、携帯の番号で電話かかってきたんだけど、詐欺だよね?」

電話番号を聞いておられたので、私が代わりに電話してみました。

電話してみると、東京都の感染拡大防止協力金の事務局(どうやら委託先らしい)でした。
電話の内容から、申請書類を見ていないと知り得ない情報が含まれていたので、ホンモノのようです。
一部修正すべきところがあったので、それを修正して再送信してほしいとのことでした。

携帯電話の番号からかかってきていましたので、「役所です」と言われても、疑ってかかります。
こういうちょっとした、見えにくいストレスも、負担になります。

この辺は少し、気を使ってもらいたいところですね。

ーーー

【編集後記】
あんまり毒づく気は、ほんとうにありません。
ただ、あまりに舵取りがお粗末で、辟易してきます。
少し、ほんの少しでいいので、想像力をもっていただけないものかと。

書いてる人

谷口敏文
(税理士 ㈱TKS 代表取締役)

決算書作りに疑問を感じていたとき、戦略MQ会計に出会う。
経営の役に立たない決算書から、経営に役立つMQ会計を広めるべく日々活動中。

■ 登録商標について

・「MQ会計」「MQ戦略ゲーム」「企業方程式」は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、 株式会社 西研究所 の登録商標です。

・P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は西順一郎先生の著作物です。