どこからでも、漏れていく・・・

「私の個人情報、どこで漏れたのかしら・・?」

例えばこんなこと、ありませんか?

・割引クーポンがもらえるから、住所、氏名、メールアドレスを書いた
・今日から安くなるから、会員登録をした
・セールのハガキが来るから、住所、氏名、生年月日を書いた

1つぐらいは、心あたりがあるかもしれません。

こうやって自ら個人情報を提供していることは、多いです。
でも、本人の意識の中では、その認識はあまりないです。

私にはほとんど、セールのハガキは来ません(笑)

こんなこともよくあります

店内の一角に設けられた受付カウンター。
スマホの機種変更や、家電品や家具の配送手続きなどで使われます。

端にあって、あまり人通りのない場合もあります。
かたや通路の近くで、横や後ろをひっきりなしに人が通る。
そんなところにスペースが有るときも。

役所の受付カウンター。
ここもけっこう丸見えです。

書類を手にこちらと話ししているときに、
「すみません、印鑑証明はどこで取ればいいですか?」

それに応対しちゃう。

いろんな情報が書いてある紙を店員さんがそのままにして、配送の確認に行っちゃった。
丸見えです。

店員さんなどにも言いますが、「!」という方もいれば、「?」っていう感じの方もいます。

自分の手が届く場合は、私は用紙を裏返します。
パンフレットなどをその上に置きます。自衛します。

いつの間にか意識がなくなっている

店員さんなども、日々のルーチンの中で、意識が薄れていることもあります。
先日、公証役場に行ったときのこと。

ちょっと狭すぎないか、と思いました。
案の定・・

「あなたの財産○○を(住所)(氏名)(生年月日)へ・・・」

手続きが終わるのを待合スペースで待っていると、衝立の向こうから遺言書の作成(読み合わせ)中と思われる声が。
内容が丸聞こえです。

その後公証人が、遺言者と思しき方に質問。
「ところで、なぜ今回△△弁護士にご依頼なさったのですか?」

すると回答は、
「長男の嫁がハンコや証券を持っていて、だから○○に財産を・・」
「ですから、なぜ今回△△弁護士にご依頼なさったのですか?お知り合いだったんですか?」
「長男の嫁が・・」

全く話が噛み合いません。
待合スペースで待っていた他の方からは、失笑が。

個人情報丸聞こえで、まずくないのかなぁ?
これでこの依頼者からの遺言書が作成されてしまうのかなぁ?

これも現実に起きていました。

よほど気をつけていないと、
いや、ひょっとしたら自分だけでは、

個人情報は守られないのかもしれません。

ーーー