決算書会計から戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

決算書は結果、戦略MQ会計・マトリックス会計で戦略的な経営を

なぜ?必要?

time 2017/08/06

なぜ?必要?

シャープペンの芯、
私は前から、0.7mm、2Bの芯を使っています。

シャープペンの芯といえば、0.5、0.7ぐらいかと思っていましたが、なんと6種類。
カラーもあるそうです。

太さは、0.2/0.3/0.4/0.5/0.7/0.9。
0.1が無いのはうなずけるとして、0.6や0.8はなんで無いんでしょうね?(笑)

ーー

先日、Chikirinさんのblogに、こんな記事がありました。

機械に合わせて生活を変える時代へ

なかなか、読み入ってしまったのですが、この視点って日本人にないな〜と感じました。
特に中段の、カスタマイズの話。

<欧米> ITシステムが利用しやすいように従来の業務プロセスを変えていった
<日本> 自分たちの仕事のやり方に合わせて、ITを開発(カスタマイズ)

結果として欧米は、無駄な作業が減る⇨人間に時間ができる⇨さらなる発展
一方の日本は、無駄な作業は減らない⇨コスト、手間が増える⇨生産性は上がらない(カスタマイズ技術:職人技は向上) 

会計、経理など、事務的な業務についてはまさにこれ。
なのでこれらは伝統芸能と化し、ブラックボックス化されていきます。

日々の数値データを経営に活かし、より儲けるために使うべき会計が、
他人の入り込めない伝統芸能となり、決算書を作ることが目的に・・


工業製品などの技術の発展なら、まだいいとは思いますが、会計・経理業務を伝統芸能にしても何の役にも立ちません。

会計、経理の「考え方」を直して、無駄なことはやめていきましょ〜

★ 社長のための簿記・会計

おいしいもの倶楽部

会計・経理のお話

決算書なんて経営の役に立たない

■ 登録商標について

・「MQ会計」「MQ戦略ゲーム」「企業方程式」は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、 株式会社 西研究所 の登録商標です。
      
・P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は西順一郎先生の著作物です。