戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

決算書は経営の役に立ちません。MQ会計で戦略的な経営を

サービスの価値は、ひとくくりではない

time 2019/10/16

「値決めは経営」
稲盛和夫氏の言葉として、有名です。

■ 戦略MQ会計セミナー(基本編)のご案内

値段は誰が決める?

値段は誰が決めるか?ということを考えてみます。

値段は、売り手と買い手の接点です。
売り手が納得しても、買い手が納得しなければ、取引は成立しません。
買い手が納得しても、売り手が納得しなければ、やはり取引は成立しません。

立場的には買い手が優位と思われます。

多くの経営者は競合に負けないように、値段を下げようとします。
値段が1円でも安いほうが、買い手が喜ぶと思うからです。

値段はどう決まる?

製品なり、商品なり、サービスを提供します。
まっとうな商売をしているのであれば、おのずとその値段は適正な金額に落ち着くと思います。
そして「相場的」なものが形成されます。

ただ、そこには競合の存在があります。

値段を下げて競合に勝つのは、簡単です。
ただ、そうやって下方向の価格競争が始まると、相場が崩れていきます。
また、その商品なりサービスの価値も下がっていきます。

特に形のないサービスの価格は、あいまいになりがちです。
だからといって、売り手が買い手におもねる必要はないと思います。

■ 戦略MQ会計セミナー(基本編)のご案内

サービスは同じではないし、サービスはタダではない

以前に比べて、サービスに対する価値は認識されるようになりました。
ですが、サービスほど同じようで違うものはありません。

先日、ある依頼を受け、金額を提示しました。
私の提供できる価値として、90分で45,000円(消費税別)です。

そこで返ってきた言葉は、「専門家のサービスは、1時間1万円ぐらいではないのですか?」

たしかに、そのくらいの提示をする方は多いです。
ただ、その方の感覚は業種や事例ではなく、「専門家のサービスは」というくくりでした。

サービスに対しての価値の感じ方は、それを受ける人によって差があります。

同じような事例で、その金額を満足してお支払いいただく方は、少なからずいらっしゃいます。
私は自分が提供できる価値として、適正だと思い金額を提示しています。

結果として、その依頼はお受けしないことになりました。
値段を下げて仕事を取る、という選択肢もあったでしょう。

ただ、それをしてしまうと、満足してお支払いいただいている方を裏切ることになります。
自分自身のモチベーションも下がります。
さらに、「専門家のサービスはこのくらい(の金額)」として、全体的な価値が下がることを助長したくもありません。

「値決めは経営」
真剣に考え抜いて付けた値段なら、自身を持って臨むことは大切だと思います。

ーーー
【編集後記】

東北方面に出張しています。
台風後、ぐっと冷えてきて、着るものなどの調整が大変です。
風邪を引かないように、暖かくして寝ます。

ブログ