戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

税理士 谷口敏文のblogー決算書は経営の役に立ちません

年号の読み替え(個人年金保険料控除・担当者向け)

time 2019/11/17

年末調整の書類が従業員の方から集まってきます。
提出された会社の担当者の方は、チェックや入力作業が必要になるでしょう。

ここで結構面倒なのが、年号の読み替え。
扶養控除等申告書の親族の生年月日。
ほぼ和暦で書かれていると思いますが、西暦で書く方もいます。

「年末調整のしかた」ほか、税務用の書類は原則和暦で書かれていますから、判定のためには和暦にしておく(あるいは読み替える)方が便利な場合があります。
過去の日付については、意外に皆さん慣れています。

もう1つ意外に面倒なのは、生命保険料控除の個人年金の控除。
この控除を受ける方は、年金受給日を記載しなければなりません。

従業員の方は証明書のとおりに写してくると思います。
和暦であれば和暦で、西暦であれば西暦で。

記入は和暦でも西暦でもいいと思うんですが、もし年末調整用にソフトを使っていると、読み替えが必要になる場合があります。

ソフトは和暦対応になっているものが多いです。
しかも意外に日付データではなく、テキストデータになってます。
2019/11/17ではなく、20191117とか、011117とか。

特に今年は改元の関係で混乱しそうです。
保険会社の証明書も、表記が和暦表示だったり西暦表示だったりしますから。

先の年号の読み替えは意外に盲点です。

表にするとこんな関係です。

年金は何十年先にもらうものです。
表でもいいですが、読み替えように整理しておきましょう。

・平成 → 令和 30を引く
・西暦 → 令和 18を引く
・令和 → 西暦 18を足す
・平成 → 西暦 12を引く

システムは西暦に統一してほしいですね。
来年公開予定の国税庁のソフトにも期待したいですが・・・

ーーー

MQ会計セミナーのお知らせ

戦略MQ会計セミナーを行います。
MQってなに? PQ? VQ?
会計のセミナーですが、難しい会計用語は使いません。
詳細、お申込みはこちらからどうぞ

ブログ

書いてる人

谷口敏文
(税理士 ㈱TKS 代表取締役)

決算書作りに疑問を感じていたとき、戦略MQ会計に出会う。
経営の役に立たない決算書から、経営に役立つMQ会計を広めるべく日々活動中。

■ 登録商標について

・「MQ会計」「MQ戦略ゲーム」「企業方程式」は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、 株式会社 西研究所 の登録商標です。

・P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は西順一郎先生の著作物です。