商品開発

商売をしているなら、商品開発は欠かせません。
サービス業なら、サービス開発。

お客様、時代、地域などそのニーズはさまざまですし、時々刻々変化していきます。
ニーズに合った商品・サービスができれば、利益を増やすことができるでしょう。

上の写真は飲食店にあった傘立て。
一般的には、かけたカギを持っていくタイプのものが多いでしょう。
この手の、ダイヤル式のものは初めて見ました。

たしかにこれなら、カギを無くす心配はないですね。

メーカーとしては、カギの紛失によるメンテナンスが要らなくなる。
お店側としては、お客様の「カギ無くした」への対応は無くなるでしょう。

お客様としては、カギを無くさなくなります。
が、めんどくさい、番号忘れたは想定できます。

お店も「番号忘れた」への対応は必要ですよね。

続いてこちら。

会計事務所向けの、印刷物を中心とした消耗品の会社です。
総勘定元帳の紙に、デザインや事務所名を施してオリジナル感、高級感を出すという商品です。

確かに元帳は、印刷・保管が必要なものです。
需要は無くなりにくいでしょう。

ただ、これを見てお客様が喜ぶかというと、ちょっと?が付きます。
どちらかというと、会計事務所側の自己満足的な気がします。
これ(が原因)で報酬が上がったら、私なら「普通紙でいいので・・」と言います。

どんなニーズがあるのか、お客様の意見や要望はどうか。
世の中はどうか、市場はどうか。
地域や年齢層、性別などさまざまな要素はどうか。

変化や流れを意識しながらも、自分は、自社はどういう立ち位置で行くのか。
商品開発は商売の要ですね。

ーーー

MQ会計セミナーのお知らせ

戦略MQ会計セミナーを行います。
MQってなに? PQ? VQ?
会計のセミナーですが、難しい会計用語は使いません。
詳細、お申込みはこちらからどうぞ