写真を撮るときには、○○にも注意しましょう

やっぱり混んでました

7年ぶりの開催とのことで、やはり混んでいました。

昨日外出の際に思い出し、「チューリップ特別公開」をしているオランダ大使館へ。
案の定、混んでいて、寄ったときには入場制限で2時間待ち。
時間の都合で残念ながら、中に入って見ることはできませんでした。

次回はぜひ、中に入って見たいと思います。

花の写真を撮るときには、特に○○に注意が必要

昨日の東京は快晴で気温も上がり、上着なしでも汗ばむほど。

いい天気なのでいい写真が撮れそう、とパチパチ撮ってしまうかもしれませんが、ちょっと注意が必要です。
そう、太陽の日差しに注意が必要なのです。

日差しが強いと、コントラストがきつくなりすぎて、写真が潰れた感じになったりします。
花びらの柔らかい感じが出なかったりすることもあります。


(EOS M2 22mm)

例えば上の写真は、キツイ感じになります。
(花に寄っているし、花の色のせいもありますが)
(これはモンテオレンジといいますが、チューリップです)

撮り方を変えてみる


(iphone)

引いた位置から撮ってみたら、少しマイルドになったかもです。

ほかには、こんな撮り方をしてみました。

(EOS M2 22mm)

これは一眼レフですが、ピントを花の中(花弁)に合わせてまわりをぼかしてみます。
そうすると、光の強さを少し弱めることができたような気がします。

写真も奥が深いものです。

ーーー
【編集後記】
あー、やっぱり中でも撮りたかったな〜。

もし行かれる方がいらっしゃったら、花を愛でて、日差しに注意して、いい写真を撮ってきてくださいね。