決算書会計から戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

決算書は結果、戦略MQ会計・マトリックス会計で戦略的な経営を

見えないなら、見えるように

time 2018/05/30

町中を歩くときは、わりとキョロキョロしています。
といっても、首を回しながら歩いているわけではないですけど。

最近よく見かけるようになりました。

工事現場の囲いです。
面取りというか、隅切りというか、角を透明にして見やすくしています。
この写真を撮ったのは夜ですが、よく見えます。
(看板がじゃまですが、それは後ほど)

暗いときはもちろんですが、明るいときでも見通しがききます。

困った、疑問がアイディアを生む

工事現場では安全第一。
現場の従事者はもちろん、近隣住民への配慮も大変です。
騒音や振動、事故災害にも気をつけなければなりません。

できるだけ隅々まで囲うことによって、これらを防ごうという考えなんでしょう。
けっこう高い囲いで、中は見えないようになっています。

そうすると、角は見えにくくなり、出会い頭の事故の危険性が高まります。
でも、現場の人はそういう光景に慣れきっているので、何の疑問も浮かばなかったのかもしれません。

見えないなら、見えるようにすればいい

住宅街の交差点などでは、隅切りは普通に行われています。
住宅街の交差点では当たり前のように見ているのに、工事現場になると気づきません。

思い浮かべば結構簡単なことです。
単純に角を切り取るのもありかと思いますけど、そこは何か理由があるのかもしれません。
角の部分を透明板にすることで、視認性を良くしています。
事故を未然に防ぐ効果がありますね。

世の中「可視化しよう!」と言われていますが、意外に自分の身の回りを見回すと、隠れて見えないことに自分ではなかなか気づきません。灯台下暗しです。

店舗などでよくありますが、閉店後も中の電気をつけて見えるようにしておく。
(中に泥棒がいると外から見える。防犯カメラで写りやすくするという理由のようです)

レジスターを開けっ放しにして、ここには現金がないことを泥棒にアピールする。
こんなことも可視化することによって、無駄に破壊されないようにしているわけです。

さて、透明板に看板が掛けられていて、向こう側が見えづらいです。
見ると「 →→ ◯◯店、こちらで営業中!」の看板です。

掛けてもらうように依頼したのは、自社の営業が第一の某銀行、なんでしょうね。
掛ける側もですけど、どちらももう少し想像力を働かせてほしいです。

センスないですね・・・

ーーー

【編集後記】

昨日はちょっと考えさせられることがありました。
自分の中で消化して、そのうち書きたいと思います。

決算書なんて経営の役に立たない