戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

税理士 谷口敏文のblogー決算書は経営の役には立ちません

やるなら小さく始めて修正しながら

time 2019/07/15

IT、AI、RPA・・。

横文字が並ぶと、まるで黒船のように恐れてしまう方がいます。
一方で、「これはどんなものだろう?」と興味を示し、「うちの会社でも導入を・・」と反応する方もいます。

AIとかRPAという分野、一括りにはできません。
全体を包括する仕組みというよりは、部分的に導入していくものだと思っています。
そしてそんな話をしていると、だいたい次のパターンになります。

AI、RPAの導入 → 従来業務の省力化・無人化 → 人員削減(リストラ)・人員の配置換え

では具体的にどう進めていくかという話になると、まず機械を導入とか、システムを導入とか、モノありきで進もうとしてしまいます。

まずモノありきで進んでしまうと、そのモノに合わせようとしてしまいます。
小さな会社ではいらない機能や、不要なシステムも多いです。

1から作るのは相当大変ですが、出来合いのものを使うという手は普通にアリです。
ただ、システム等の導入はけっこうなコストが掛かります。

なのでまず、業務の見直しはしましょう。

なぜ、それをしなければならないのか?
なくせないか?やめれないか?

まずここを考えます。
それから、

いらない作業や業務がないか?
その順番でやらなければいけないか?
その回数(頻度)は必要か?

そうやって削ぎ落としてから、それでも導入が必要なら、ですよね。
既存の業務をしっかり見直すことなしに、やってはいけないですね。

これからAI、RPAの導入は進んでいくでしょう。
私は肯定派ですし、どうやったらラクできるかは常に考えています。

そして小さいものなら、どんどん使ってみてダメなら直す、やめるというのは大賛成です。
小さな試行錯誤の積み重ねは、力になります。

やっぱり使ってみないと、わからないですから。

ーーー

MQ会計セミナー、開催のお知らせ

戦略MQ会計セミナーを行います。
詳細、お申込みはこちらからどうぞ

おいしいもの倶楽部

書いてる人

谷口敏文
(税理士 ㈱Polku 代表取締役)

決算書作りに疑問を感じていたとき、戦略MQ会計に出会う。
経営の役に立たない決算書から、経営に役立つMQ会計を広めるべく日々活動中。

■ 登録商標について

・「MQ会計」「MQ戦略ゲーム」「企業方程式」は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、 株式会社 西研究所 の登録商標です。

・P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は西順一郎先生の著作物です。