戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

税理士 谷口敏文のblogー決算書は経営の役に立ちません

Q:電話をかける時に、早くつながるようにするにはどうすればいいか?
A:番号の最後に「#」を付ける

なんだそうです。
以前テレビでやってました。

理由は「#」を押すことが「(電話)番号の入力は終わった」という合図になり、次のステップに行くのだそうです。

例えば電話番号は、固定電話が10ケタ、携帯電話は11ケタです。
もしダイヤルしている人が10ケタ目で止めたら、それで終わりなのか、あと1つダイヤルするのかが分かりません。

そうすると電話機は一定の時間、ダイヤルがあるかないかを待たなければなりません。
そして、一定時間置いて、ダイヤルがないということを確認して発信作業に入るのです。

そういえば郵便などの再配達依頼の電話でも「終わりましたら#を押してください」という音声ガイダンスがありますよね。

(ほかにも090が付くなど、識別の方法はあるようですが)

通信に限らず、こういった取り決めを「プロトコル」といいます。
意味は「規定」とか「議定書」とか、複数の人が対象となる事項を確実に実行するための手順等について定めたもののことです。

簡単な当たり前のようなことでも、複数の関係者の間できちんとした取り決めをすることは大事です。
そうすることで「こういうつもりだと思った」とか「こんなはずではなかった」なんていうトラブルを未然に防ぐことができるんですね。

書いてる人

谷口敏文
(税理士 ㈱TKS 代表取締役)

決算書作りに疑問を感じていたとき、戦略MQ会計に出会う。
経営の役に立たない決算書から、経営に役立つMQ会計を広めるべく日々活動中。

■ 登録商標について

・「MQ会計」「MQ戦略ゲーム」「企業方程式」は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、 株式会社 西研究所 の登録商標です。

・P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は西順一郎先生の著作物です。