もうこの機能はいらないような

これも名残りのひとつなのかも。

電話ができるケータイで、写真が撮れる。
撮った写真を添付して、その場でメールで送ることができる。

それはガラケーの時代から、画期的な機能の1つでした。

でも、今みたいにカケホーダイプランがない時代。
写真を送るのは、通話代金を圧迫するかもしれない。
リスキーでした。

そこで、写真を送る際に、縮小をかける機能ができました。

ケータイの画面で、(なんとなく雰囲気がわかる)写真を見られることが良かったわけですから。

しかし今やスマホ。
撮れる写真も高画質できれい。
そのため、iPhoneで普通に撮っても、写真のサイズは2メガを軽く超えてきます。

もちろん、もらった写真を拡大しても大丈夫。
細部まで細かく写っています。

じゃあこの写真をメールで送ろうとすると、添付時のサイズを聞いてきます。
小さく送るなら、31.8KB、中なら79.3KB、大なら576KB。
もとのサイズの約1%、3%、25%へと縮小できます。

が、小や中だとサムネイルぐらい。
細かい部分は見えません。

大きそうな感じもしますが、最低でも大サイズでないと、細かいところは確認できません。

最近、確定申告で、源泉徴収票などを「写メして」もらっています。
お互い便利なので重宝しているんですが、たまに小で送られてくる方がいて・・

「縮小せず、そのままお送りくださいねー」

便利ではありましたが、そろそろ、ここまで縮小する機能もお役御免ではないかなぁ。

そんなふうに感じたのでありました。

ーーー