シームレス < レスポンスがよかった(Evernote)

Evernote、愛用しています。

Evernoteとは、情報を整理するデジタルノート。
思いついたことを、どんどん書き込むようにしています。

スマホとPC、といったように複数の端末でノートを同期もできます。
なのでわざわざパソコンを立ち上げなくても、スマホからデータ入力して、それをPCで見たり、修正を加えたりもできます。

いわゆる紙のメモやノートと違って、情報が散乱しないのが特徴です。
ノートブック(フォルダのイメージ)やタグも上手に活用すれば、整理しやすいです。

プランは3種類あり、ベーシックは無料版。
有料のものは、プレミアムとビジネスです。

私はプレミアムを使っています。
(プランの比較はこちらからできます)

最近大幅なアップデートがありました。
「シームレス」に重点が置かれたような気がします。

どのデバイスで使うときも、見た目(インターフェイス)が同じです。
デザインもスッキリとして、クールな感じになっています。

慣れれば、端末を意識せずに作業できます。

今回、シームレス化を強化したためか、常時接続となったようです。
Macの場合、画面の上部に象のマークが現れます。

アプリを起動するとすぐにネットに繋がれ、同期をしています。
同期は強制されますし、同期の項目が多いと動きが「もっさり」となります。

しかも、データ入力中も常時同期されている感じなので、少し入力のタイミングなど、動きが遅れます。
何となく「もっさり」や微妙な遅延はけっこうストレスなので、ちょっと残念です。

ここまでのシームレス化しなくても、いいのではないかと思います。
せっかく思いついたアイディアなどを忘れてしまわないように、反応良く入力できる方がいいと思います。

スマホで併用するなら、いくつかEvernoteと連携するアプリもあります。
例えば、Fasteverとか、Smarteverもいいです。
(私はSmarteverを使っています)

早く「もっさり」感が解消するか、Dropboxのように同期をコントロールできるようにしていただけたら。

ーーー