戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

税理士 谷口敏文のblogー決算書は経営の役に立ちません

仕事、業務、作業

この似ているようで、似ていない3つのもの。
最近、タスク管理を始めて、ちょっと違った見え方があります。

辞書的な定義はさておき、自分にとって仕事とは、創造的なもの・やりたいことで、機械に置き換えにくいもの。
業務とは、ある程度形になっている、義務的な、日常的なものごとで、他者に置き換え可能なもの。
作業は頭を使わないもの、機械に置き換えるべきもの。

こんな感じです。

何も考えていなければ、作業と業務だけで終わってしまいます。
作業と業務を終わらせて、仕事をした錯覚に陥ります。
でも、充実感はありません。

作業と業務を自分から手放せば、時間が手に入ります。
手放せない、手放しにくい場合は、この2つは効率化するしかありません。

仕事は時間がかかるものですが、その時間は圧縮しづらいものです。
仕事をするための時間は、業務と作業の時間を減らして、作り出さなければなりません。

ところが作業と業務は、すぐに割り込んできます。
そして仕事の時間を、どんどん後ろへ追いやっていきます。
このコントロールが、仕事の時間を生み出すことに繋がります。

今やっていることは、本当に仕事なのか?
仕事の仮面をかぶった、業務や作業ではないか?
常にチェックしていかなければ、いけませんね。

ーーー

【編集後記】

iPad mini の新しいのが出るようです。
Apple製品は少し魅力がなくなりつつありますが、今回出るiPad miniは魅力的な感じがします。
たぶん、買います(笑)

書いてる人

谷口敏文
(税理士 ㈱TKS 代表取締役)

決算書作りに疑問を感じていたとき、戦略MQ会計に出会う。
経営の役に立たない決算書から、経営に役立つMQ会計を広めるべく日々活動中。

■ 登録商標について

・「MQ会計」「MQ戦略ゲーム」「企業方程式」は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、 株式会社 西研究所 の登録商標です。

・P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は西順一郎先生の著作物です。