決算書会計から戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

決算書は結果、戦略MQ会計・マトリックス会計で戦略的な経営を

変わる玄関口

time 2018/11/30

昨日、早くもお歳暮をいただきました。

受け取りのサイン

宅配便や郵便小包がくると、受け取りのサインが必要です。
サインはめんどくさいので、シャチハタを置いておいて、印鑑で済ますケースが多いと思います。
ちなみに事務所の玄関口にも置いてあります。

今まではこうでしたが、

最近はこんな感じです。

間違い探しではないですよ。

最近の受け取りは

荷物を受け取る時、一般的には配達業者さんの控えに、受け取った確認としてサイン又は印を押します。
最近受取時に伝票ではなく、スマホ端末を出されて「ここにサインしてください」
そう、画面上に名前を書くように言われます。

なるほど、これなら伝票を管理する必要もないし、デジタル化できます。
送付ラベルと一体化している控え伝票など、剥くのは大変だろうな〜と思ってましたし。
省力化につなげているんでしょうね。

こちらの対応は

とは言うものの、今度はこちらが指でスマホ画面に字を書くのに慣れていません。
冬場はかじかんだり、お肌の乾燥で手先がカサカサだったり(笑)

そこで最近、玄関口にこんなペンを置いています。

お客様からノベルティでいただいたものなのですが、ボールペンの上にタッチペンが付いています。
(緑色の丸の部分)
このタッチペンを使うと、サインがしやすいです。

ただ、まだスマホの小さい画面(だいたい持っている端末はiPhone5タイプ)は書きづらいです。
また、タッチの反応が微妙に遅れるので違和感あります。
まぁ、これも慣れればどうってことないのかもしれません。

でもこれが普及すると、このお皿からシャチハタが消えることになるでしょう。
シャチハタさんもじわりと影響あるんでしょうね。

ーーー

【MQ会計セミナー、開催のお知らせ】

戦略MQ会計セミナーを行います。
詳細、お申込みはこちらからどうぞ

おいしいもの倶楽部

決算書なんて経営の役に立たない