戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

税理士 谷口敏文のblogー決算書は経営の役に立ちません

先を読むには

time 2017/06/28

藤井聡太四段が、歴代新記録となる公式戦29連勝の快挙を成し遂げました。
すごいですね。

私も将棋は好きで、たまに子どもと指したりします。
ヘボ将棋ですけど(^^

ーー
将棋は集中力や先を読む力などを養うのにいいとされています。

一般に棋士は、常に20手ぐらい先まで読んでいると言われています。
あの羽生名人は1000手ぐらいまで読んでいるとも。

1000手といっても、1から1000までの連続した手というよりは、10×10×10といった感じで、それぞれが放射状に広がっていく感じだそうです。

先を読むためには、盤の状況、自分や相手の持ち駒、性格やクセなどを総合的に判断していきます。
また、俯瞰することで、イメージする力、シミュレーションを繰り返すことができます。

普段あまり俯瞰することは少ないと思います。
ですが、俯瞰してみる、引いて見ることは、特にビジネスにおいては大切なことだと思います。

書いてる人

谷口敏文
(税理士 ㈱TKS 代表取締役)

決算書作りに疑問を感じていたとき、戦略MQ会計に出会う。
経営の役に立たない決算書から、経営に役立つMQ会計を広めるべく日々活動中。

■ 登録商標について

・「MQ会計」「MQ戦略ゲーム」「企業方程式」は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、 株式会社 西研究所 の登録商標です。

・P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は西順一郎先生の著作物です。