勝負に勝つためには・・

「目的を持って打つ。」

子供向けの将棋の本ですが、いきなり本質です。

この先、どうしよう。次はこうしよう。
角を取るのか、飛車を取るのか?

何事も目的を持って行わなければ、何も得るものがないんですね。

こうも書いてあります。

今までなーんとなく適当に将棋を指してきた人や、なかなか友達に勝てなかった人、これからこの本をしっかり読んでいけば、きっと強くなるぞ。

将棋の勝ち方は「テクニック」です。
が、本質に根ざしたものであれば、それが力になっていくと思います。

さすがです。中原名人。

「な〜んとなく適当に・・」耳が痛いです(笑)