決算書会計から戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

決算書は結果、戦略MQ会計・マトリックス会計で戦略的な経営を

キャッシュフロー計算書

time 2016/09/25

キャッシュフロー計算書

キャッシュフロー計算書という書類があります。
これも貸借対照表や損益計算書と同じ、報告書です。

大企業では作成が義務づけられていますが、中小企業では作成が義務付けられていないため、あまり馴染みがないかもしれません。

機関投資家が企業評価や事業評価に使うための書類の一つです。

こんな書類です。
cf%e8%a8%88%e7%ae%97%e6%9b%b8%e6%a8%99%e6%ba%96%e5%9e%8b
キャッシュフロー計算書はその名の通り、お金の流れを表す書類です。

今日の商売、現金だけの商売はまれで、掛売りなど信用取引が多くあります。
その結果、利益とお金の残高がずれます。

「利益は1000万円っていうけど、そんなお金、手元にないよ」

社長のこんな悩みを解決するため、キャッシュフロー計算書が作られる・・・

のならよかったんですが、キャッシュフロー計算書も外部報告書の一つです。
社長が見やすいものにはなっていません。

キャッシュフロー計算書は、3つの区分、2つの作り方

営業キャッシュフロー、投資キャッシュフロー、財務キャッシュフローという区分です。
一番上に当期の利益がきます。
その利益にいろいろなズレ項目を足し引きして、当期末の現金等の残高との関係を表します。

作成のしかたは2通りあります。
直接法と間接法です。

直接法はその名のとおり、現金が入ったもの、出たものをそれぞれ集計して表します。
間接法は、期首と期末の差額から、簡便的に集計する方法です。

直接的なお金の出入りを集計したほうが、わかりやすいです。

ただ、そうはいっても日々の営業での現金の出入りを追うのは大変だ、
ということで、一般的なキャッシュフロー計算書は、営業キャッシュフローは間接法、それ以外は直接法により作成されます。2つの方法が混在しています。

お金の流れは、経営者が一番知りたい情報です。

が、営業キャッシュフロー計算に間接法が使われるため、現行のキャッシュフロー計算書という報告書は、経営者にとってとてもわかりにくい書類になっているのです。

>>(つづく)

★ 社長のための簿記・会計

MG(MQ戦略ゲーム)

おいしいもの倶楽部

決算書なんて経営の役に立たない

考え方・ヒント

■ 登録商標について

・「MQ会計」「MQ戦略ゲーム」「企業方程式」は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、 株式会社 西研究所 の登録商標です。
      
・P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は西順一郎先生の著作物です。